VIP投資顧問は金商登録を行ってるため無登録業者とは違う。

VIP投資顧問は金商登録を行っている。

VIP投資顧問は、金融・資本市場をとりまく環境の変化に対応し、利用者保護ルールの徹底と利用者利便の向上、「貯蓄から投資」に向けての市場機能の確保及び金融・資本市場の国際化への対応を図ることを目的とした【金融商品取引法】いわゆる『金商法』にのっとり、金融商品取引業者として登録をしています

この金融商品取引法という法整備の具体的な内容は、大きく分けて次にあげる4つ。①投資性の強い金融商品に対する横断的な投資者保護法制の構築、②開示制度の拡充、③取引所の自主規制機能の強化、④不公正取引等への厳正な対応、となっています。

金融商品取引業者たるもの、投資家保護の観点からも、顧客の安心できるサービスを提供する必要があります。金融庁のHPなどでも、無登録の違法業者に対する注意喚起を促していますが、証券会社や投資顧問の名前をかたった詐欺被害の報告がいくつもあげられております。

利用する側も注意が必要

こうした状況からも、サービスを利用する側も違法な業者の見分け方などのリテラシーを高める必要があります。

VIP投資顧問のように、財務局長の登録を受けている正規の投資助言・代理業者においては、金融商品取引法といった厳しい法令などが敷かれ、何か違反を行った際には監督官庁の指導や処分が待っています。その点を考えれば、なんの規制も敷かれていない無登録業者の利用がいかにリスクが高いものであるかは容易に想像がつくでしょう。

登録を行ってるから必ずしも安全というわけではありません、しかし金商登録ありの業者と無登録業者であれば、どちらの方が信用が高いかは言わずともご理解いただけるでしょう。

何より大事なのは自己の投資判断

投資には自己責任の原則がありますが、どれだけ優良の投資顧問サービスを利用したとしても、損失を被る可能性があることは認識しておかねければなりません。金商登録をおこなっている正規の投資顧問業者であれば、金商法という厳しい法令のもと、営業活動を行う事が義務付けられているため、悪質な営業を行う可能性は低いですが、だからといって『優良』というわけではないので、その点は誤解をしない方が良いでしょう。

投資助言業者というのは、あくまで助言を与えてくれる存在であり、それは絶対ではありません。ですから、助言を得たうえでの最終的な判断は自己になります。投資顧問を利用する際には、その点を踏まえておく必要があるでしょう。投資において損失は絶対的に避けたい要因です、損失をさけるためには、投資顧問に頼るだけでなく自らの知識を高めることも重要ではないでしょうか。

株での損失に関するサイトがあるので紹介しておきます⇒株の損失