捏造だらけの評価!VIP投資顧問の事実!!

高評価の捏造ではなく悪評が捏造されてる?!

VIP投資顧問に対する口コミによる悪評や批判は『捏造』である線が濃厚になりつつあります。その大きな理由として、「辻褄の合わない口コミ」が多く見受けられるという点と、批判を行っている媒体の身元が不明、という点が挙げられます。根も葉もない批判や誹謗中傷を行っているが故、訴訟をおこされたらマズイでしょうから、身元を明かしての批判ができないのは当然かもしれません。

VIPの悪評や批判は逆ステマ?!

こうした点から考察するに、VIPに対する悪評や批判は他業者によって『仕掛けられた逆ステマ』という見方をする方がしっくり来るのではないでしょうか。逆ステマとは、意図的に悪いイメージを広める行為を指し、いわゆるネガティブキャンペーンと同じようなことです。ライバル会社潰しなどによく使われる手段です。

消費者は口コミで良し悪しを判断する?!

ネット社会となった現代では、消費者はネットの口コミを見て商品やサービスの判断を行うようになりました。つまり、口コミサイトの内容は事業の売り上げに直結する大きな要因となります。よって、この口コミが人為的に操作されてると、良い意味でも悪い意味でも企業にとっては大きな影響が出てきます。

逆ステマの実例!!

ネット上で一般人になりすまし、同業他社の商品やサービスの悪評・卑怯を広める逆ステマの実例を具体的にあげると、2013年には、あの韓国の大企業の『サムスン』は、多数のライターや専用スタッフを雇い、ライバル会社(HTC製品)に逆ステマを仕掛け、意図時にライバル会社の信用を落とすことに成功しましたが、その行いが明るみになり台湾の公平交易委員会から34万ドル、日本円で約3300万円もの罰金支払いを命じられたという実例があります。

醜い顧客の争奪戦?!

このように、世界の名だたる大企業ですら『逆ステマ』という手法を用いた実例があるのです。このことを鑑みれば、投資顧問業界という狭い業界のなかで顧客の誘導や争奪戦が繰り広げられるのも不思議ではありません。また、逆ステマの餌食になっている投資顧問業者はVIP投資顧問だけに限ったことではないでしょう。

結果として、VIP投資顧問への悪評や誹謗中傷は、醜い顧客の奪い合いに勝手に巻き込まれたが故に行われている逆ステマである可能性が十分に考えられるでしょう。しかしながら、どんなに悪評をばら撒かれても、VIP投資顧問は存続させることで、本当の事実を物語っていると言えるのではないでしょうか。