VIP投資顧問が裏で“悪徳業者”と繋がってる?

 

 

某口コミサイトで“VIP投資顧問は裏で悪徳業者と繋がってる”という口コミを発見したのですが、これは紛れもないガセネタと言って良いでしょう。なぜなら、VIP投資顧問のはあらゆる投資顧問系の媒体への広告掲載をしていますが、金商無しの無登録業者を紹介しているような媒体への広告掲載は一切していないことがわかります。

例えば、下記に挙げるこれらのVIP投資顧問の広告が掲載されている媒体では、金商無しの違法登録業者は一切紹介されていません。

投資顧問比較ナビ
投資顧問口コミ比較ラボ
急騰カブ情報局
優良投資顧問ランキングネット

むしろ逆に、悪徳業者が運営しているであろう媒体において、VIP投資顧問が叩かれているという状況はいくらでも確認できるのですが・・・。おそらく“VIP投資顧問は裏で悪徳業者と繋がってる”という口コミも、VIP投資顧問の評価を低下させたい悪質業者の自作自演口コミと見て間違いなさそうです。

ちなみに、当サイトはVIP投資顧問は優良だ!と主張しているわけではありません。優良であるかどうかは実際の利用者が判断することですし、利用者それぞれによって見解は異なるでしょう。『最悪』と感じた人から『最高』と感じる人まで、言葉のとおり十人十色かとおもいます。

ですから、VIP投資顧問は最悪だ!!という意見が存在していても何らおかしな話ではありませんが、“他業者が評価を捏造して悪く見せる”というのは、単なる営業妨害でしかありません。さらに言ってしまえば、その先にはVIP投資顧問のみならず、その他投資顧問を悪質業者であるかのように見せることで、顧客を誘導しようとする仕掛けも存在しているわけです。

消費者の判断を著しく欺く行為なのですから、もはや法律的にもアウトな行為ですが、道徳的観点から見てもありえないことです。ここ数年で金商登録無しの無登録業者も含め、数多くの投資助言業者が参入してきています。しかし、ネットに特化したVIP投資顧問のような投資助言業者は、それらの新参投資顧問が現れる何年も前から存在しているのですから、すでに盤石な基盤を築いているわけです。

その背景を読み取れば、正々堂々と実力で勝負できない質の悪い投資顧問会社が悪質な広告会社と手を組み、同業者の評価や口コミを捏造して風評をまき散らし、顧客を奪うという強硬手段にでることもあるでしょう。それらの業者は投資助言をとおして顧客に利益をもたらすことなど考えていませんから、投資顧問としての実力があるわけがありません。

実力がないのだから、実力があるかのようにステマ的な手法で見せかけて騙すことが精いっぱいなのでしょう。消費者・顧客の利益は度外視し、自己利益優先で自分たちが儲けることばかりを考えているから“儲かるなら何をやっても良い”といった謝った思考で道を踏み外してしまうのでしょう。そんな業者ばかりいるから投資顧問業界のイメージ低下も留まることを知りません。

結論、VIP投資顧問が悪徳業者とつながっているのではなく、VIP投資顧問を叩いてる媒体を運営している業者こそが悪質業者そのものである可能性が濃厚、ということをここで指摘しておきたいです。VIP投資顧問も過去に不適切な広告掲載によって行政処分を受けた過去があります。

その後、業務改善につとめ営業を再開させたとえはいえ、過去に過ちを犯し処分を受けた会社であることは事実です。しかし、そうした過去の過ちがあるからこそ、VIP投資顧問は、この魑魅魍魎が跋扈する業界において、現在も冷静な運営を継続させることが出来ているのではないでしょうか。